超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が全世界で400万本を突破!

株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One(注1)およびPC向けゲーム『モンスターハンター:ワールド(以下ワールド)』の超大型拡張コンテンツ、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を全世界で400万本出荷(注2)しましたのでお知らせいたします。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。2004年の第1作発売以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」というプレイジャンルを確立し、シリーズ累計販売本数6,100万本(2020年1月15日現在)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。2018年1月には『ワールド』を発売し、継続的なアップデートによる既存ユーザーの継続率振興に加え、ストーリークリアに役立つ武器や装備の無料配信を行い、離脱ユーザーの復帰促進や新規ユーザーの参入を後押ししたことで、当社史上最高の1,500万本を達成(2020年1月2日時点)するなど、今なお世界中でブランド価値を高めています。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、『ワールド』の超大型拡張コンテンツ(有料)です。新たなフィールドやモンスターをはじめ、新規アクション、クエストランク等が追加され、『ワールド』のエンディング後の物語が展開されます。この度、全世界で2020年1月9日(日本時間10日)より、同作を世界中で利用されるPC向けゲームプラットフォーム「Steam」用に配信を開始し、更に広範な国や地域へのアプローチを行った結果、2019年9月に発売したコンシューマ版と合わせて400万本を達成しました。

今後は、2020年3月から、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」を開催するほか、同シリーズ初となるハリウッド映画の公開も予定しており、幅広いユーザー層に向け話題を喚起するべく数々の施策を展開してまいります。

当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

注1 Xbox One版発売地域は北米・欧州のみ 
注2 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(ダウンロード版販売数)および『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』※(ディスク版出荷数とダウンロード版の販売数)の合計数
※ゲーム本編『モンスターハンター:ワールド』+超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の同梱商品

商品概要】

1. タイトル名 モンスターハンターワールド:アイスボーン
MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE
2. ジャンル ハンティングアクション
3. 対応機種 PlayStation®4、Xbox One、PC(Steam)
4. 発売日 PlayStation®4、Xbox One:2019年9月6日
PC:2020年1月9日(日本時間2020年1月10日)

※”PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

※MicrosoftおよびXbox One は米国 Microsoft Corporation および/またはその関連会社の登録商標または商標です。
※Xbox One版発売地域は北米・欧州のみ