業務用厨房機器メーカー最大手のホシザキがDENBA 内蔵電気フライヤー FL-20B-D 新発売

電子微細動を油全体に与え、食材の中心と表面の温度を均一化、
調理時間を短縮、油吸収を減らし、おいしくカラッと揚げ上がります。

業務用厨房機器メーカー最大手のホシザキ株式会社(以下、ホシザキ)が、DENBAを内臓した、電気フライヤーを販売開始いたしました。従来のDENBA Fryerは、後付けで使用する商品と比べ、ホシザキにて商品化されたフライヤーは、DENBAを内蔵することで簡単・安全に調理や清掃を行うことが可能となります。

hoshizaki_denba

■ホシザキ DENBA 内蔵フライヤーは、電子微細動を油槽全体に与え、以下の効果をもたらします。

1. 食材の中心温度と表面温度を均一化し、調理時間を短縮させ、油の吸収を減らしヘルシーに美味しくカラッと揚げることができます。

2. 設定温度を下げても揚げ時間を変えずに調理でき、油の劣化を抑制することができます。

■DENBA+の技術を内蔵するメリット

1. 油槽の調理スペースに電極や配線が無いため、作業性に優れる。

2. 掃除の際に電極を取り除く必要が無いため、清掃性と安全性に優れる。

3. フライヤーの電源1つでDENBAも運転することができ、電源を追加する必要がない。

4. 高温で劣化してしまう配線をなくしたため、定期的な部品交換が不要となる。

DENBA+の技術を電気フライヤーに内蔵したことにより簡単・安全に調理や清掃をおこなうことができます。

型番  :FL-20B-D

外形寸法:W450×D590×H800 mm

電源  :三相 200V 50/60Hz 6.6kVA(19.1A)

消費電力:6.6kW

油量  :標準 20L(最低 17L~最大 23L)

【DENBA株式会社】

DENBA株式会社は、水分子活性化技術の特許を持っている会社として、常に品質の高いコールドチェーンの開発に取り組んでおり、省エネルギー、環境に優しい且つ革新的な商品の開発を目指しています。

DENBA株式会社は世界最先端の鮮度保持技術を駆使し、肥料や添加物などの化学物質を使用せずに、食材の品質を大幅に高めることが出来ます。この技術は幅広く使われており、生産地から保管、運送、エンドユーザーまで広くカバーしています。DENBA株式会社は既に長虹、美菱、澳柯馬などの大手企業と連携し、業務用冷蔵庫、家庭用冷蔵庫、コールドチェーン及びコンテナなどの設備を有し、クライアントに質の高いサービスや商品を提供しています。