2020年9月18日正午より「エアトリ国内ホテル」にて 10月1日の宿泊分に対して最大70%割引を開始!!

~Go To トラベルキャンペーンの補助額と合わせて、実質70%割引~ ~旅行代金が35%OFF+ポイント20%還元+地域共通クーポン15%相当額~

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191、以下当社) らが運営する当社の総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)は、国内ホテルにて、8月7日より、Go To トラベルキャンペーン対象の国内ホテル商品の割引価格での販売を開始しております。9月18日正午の観光庁の発表により、10月1日より開始する東京都が目的地となっている旅行と東京都に居住する方の旅行について、改めてGo Toトラベルキャンペーン事業の支援対象となりました。10月1日より旅行代金の最大15%相当額が商品券として付与される「地域共通クーポン」の配布が始まり、「エアトリ」より国内ホテルをご予約いただくとエアトリポイント20%還元、Go To トラベルキャンペーンの補助額35%、地域共通クーポン15%と合わせて、最大70%割引となります。
なお、観光庁の発表では9月以降の旅行代金への支援金は、割引価格販売限定での還付となるため、Go To トラベル終了予定の1月末まで本キャンペーンが適用されることとなります。

■「Go To トラベルキャンペーン×エアトリ特別キャンペーン」とは

エアトリ国内ホテルでは、“正しい旅行” を応援するために、国土交通省・観光庁が発表した「新しい旅のエチケット」を遵守して旅行に出掛けられるお客様を対象として、当社独自の「Go To トラベルキャンペーン×エアトリ特別キャンペーン」を7月22日(水)より順次開催しております。
「エアトリ」では、アプリを起動した際に、全ユーザーに対して「新しい旅のエチケット」を表示し、“正しい旅行”の訴求を強化しております。

・エアトリ国内ホテル https://domhotel.airtrip.jp/

■当社取扱高に対する影響の見通し

Go to travelの補助金予算総額は約1.1兆円です。旅行代金の半額相当分の補助であるため旅行代金の総額に換算すると約2.2兆円の旅行需要を創出するものと考えられます。そのうち、オンライン販売比率は36%(※1)であるため、Go to travelキャンペーンにおけるOTAとしての対象市場規模は約7,920億円と予想しております。当社のブランド認知度は、2020年2月調査時点で約45%であり、引き続き認知度の拡大とともに、取扱高の向上に向け推進してまいります。

※1:出典「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」、フォーカスライトJapan

■キャンペーン参考価格

「エアトリ」から国内ホテルを予約した場合、さらに20%のエアトリポイントを還元します。
(「Go To トラベルキャンペーン」の補助と合わせて実質最大70%の割引となります。)

(例)大人2名 2泊3日 40,000円のホテルの場合
 宿泊代金  40,000円
 キャンペーン補助金  14,000円(40,000円×35%)
 エアトリポイント還元  8,000円(40,000円×20%)
――――――――――――――――
お客様の実質負担金額 18,000円(別途 地域共通クーポン 6,000円)

今後も当社はより良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

【株式会社エアトリ】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名 :株式会社エアトリ
代表者:代表取締役社長 兼 CFO 柴田 裕亮
資本金:2,936,113千円(払込資本7,984,302千円)
URL:https://www.airtrip.co.jp/

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ :https://www.airtrip.jp/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業:https://www.airtrip.co.jp/service/btm/
ITオフショア開発事業:https://www.airtrip.co.jp/service/offshore/
【当社IRサイト】:https://www.airtrip.co.jp/ir/