東武沿線観光地のコロナ対策 「混雑状況見える化」 に向けた取り組みについて

 

 東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区、社長:坂巻伸昭)は、LINE株式会社(LINE)および株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(DIM)の協力を得て、観光地のコロナ対策の技術実証として、東武沿線の観光地の混雑状況をリアルタイムで確認することができる機能をLINE公式アカウントに追加しましたのでお知らせいたします。

 

 サービス提供エリアは下記のとおりとなっており、DIMが提供する「モバイル空間統計Ⓡ 人口マップ※」の技術を活用し、国内でユーザー数の多いコミュニケーションアプリ「LINE」を通じて発信することで、スマートフォンをお持ちの方であればLINEアプリに友だち登録を行うことにより、どなたでもご利用いただけます。

 

当社はこれからも、安心安全の旅のカタチを提供する様々な取り組みを継続してまいります。

 

 

 

混雑状況確認可能エリア

日光(東照宮周辺)・中禅寺湖(奥日光)・鬼怒川温泉・浅草・東京スカイツリータウンⓇ・足利市・栃木市・川越・南会津郡下郷町(大内宿)

 

※「モバイル空間統計」は株式会社NTTドコモの登録商標です