理美容業向け感染対策用の使い捨て紙製クロス「one way cloth」Makuakeでプロジェクト公開後約4日で目標金額達成!目標額をアップし延長目標に挑戦!

感染症が心配で理美容店に行きにくいお客様や
感染対策をしているが十分か心配なオーナー様の安心・安全のために

株式会社タナカサトル技術支援(所在地:鹿児島県霧島市、代表取締役:田中 覚)は、理美容業界向けの感染対策用製品「one way cloth」を開発し2021年2月19日からクラウドファンディングサイト Makuakeにてプロジェクトを公開しております。公開後、約4日で目標金額を達成したことを受け、このたび延長目標額を設定いたしました。プロジェクト終了日時は4月16日18時となっており、引き続き共感される方の応援購入をお願いしております。

お客様に選択できる安心を

Makuake プロジェクトページ

https://www.makuake.com/project/newnomal-onewaycloth

告知・連絡用ページ

http://one-way-cloth.com/

「one way cloth」は使い捨て紙製クロスとウェットスーツ素材のネックカバーがセットになった製品です。

問題解決を主な業務とする同社代表が

〇感染症が心配で理美容店に行きにくいお客様

〇感染対策をしているが十分か心配なオーナー様

がいると知り、除菌作業時に着用したものを使い捨てにするように、使い捨てできるクロスがないか探しましたが、一定の快適さを保てるような製品が見つからなかったため2020年6月より製品開発に取り組み始めました。

紙製クロスは160cm×145cmで、市販のナイロン製クロスと同様のサイズとなります。紙でこれだけの大きさの製品を作るのは実は難しいのですが、対応できるメーカーを探し当てなんとか製品化できました。また、薄いPEフィルと貼り合わせることで、水やカラー材に強い仕様としています。

ご使用後は除菌スプレーや洗濯などの作業をすることなく、そのまま捨てていただければコロナ禍で作業が増えたスタッフ様の負担軽減にもつながります。

首元のネックカバーは使い捨ての仕様にすることができませんでしたが、ウェットスーツ素材でできておりこまめに洗濯しても痛みにくい「surfcloth」(特許出願中)という製品を探し出しセットにすることにしました。

紙製クロスのみか、紙製クロスとネックカバーのセットかは選択できます。

この製品を販売するプロジェクトは、公開から約4日で目標金額30万円を達成しましたが、まだまだ全国での認知度が足りないということでストレッチゴールを100万円に設定しました。

全国の必要とする方にお届けしたいという想いでプロジェクトを続行します。

店舗オーナー様から見ると、使い捨ての製品ということで店舗側でのコスト増が懸念されますが、同プロジェクトでは、費用負担は同製品の使用を希望するお客様へお願いすることを提案しています。多くの人で負担を分けあうことで新しい取り組みへのハードルを下げることができると考えています。

また同プロジェクトでは、応援購入をしていただいた方に「使い捨て紙製クロス取扱店」と大きく書かれたステッカーをプレゼント中です。より積極的な取り組みをしている店舗様が、地域の方から見ても分かりやすいようにしたいとの想いでプレゼントすることになりました。

感染症に対する考えはさまざまですが、お客様が希望の方法を選択できることが重要であると考えこのプロジェクトを推進しています。

プロジェクトの終了日時は4月16日18時となっており、期間中は大幅値引きもしております。共感される方は購入されなくても応援メッセージも受け付けており、応援をお待ちしています。

現状では美容院・理容室オーナー様、理美容業界商社様などを主な対象としておりますが、訪問美容、医療・福祉、清掃業などにもニーズがあることも見込み、更なる認知度アップに努めて参ります。

株式会社タナカサトル技術支援 企業サイト

https://ts-techsup.co.jp/