JMDC、新機能『Pep Upお薬手帳』をリリース ~「調剤レセプト」データからお薬の調剤履歴を自動表示~

株式会社JMDC(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:松島 陽介、以下「JMDC」)は、自社が開発・提供する健康保険組合加入者向けサービス「Pep Up」に、調剤報酬明細書(以下、「調剤レセプト」)データからお薬の調剤履歴を自動表示する「Pep Up お薬手帳」の機能を追加したことをお知らせいたします。

Pep Up お薬手帳

お薬手帳は、患者様と医療関係者の方々のコミュニケーションツールであり、お薬の調剤履歴を正確に伝達することで、副作用や飲み合わせのリスク等を軽減することが期待されております。また、2016年4月の診療報酬改定から電子版のお薬手帳でも診療報酬が算定されることとなり、多くの電子お薬手帳アプリがスマートフォン向けにリリースされています。一方で、既存の電子お薬手帳アプリでは「自動ではなく手動でお薬の情報を取り込む必要があり入力に手間がかかること」「お薬の情報をQRコード読み取りできない薬局も存在すること」などの問題があり、患者様がすべての調剤履歴を漏れなく、自動的にかつ継続的に登録することが困難でした。

■『Pep Up お薬手帳』の特徴

『Pep Up お薬手帳』では、すべての調剤薬局におけるお薬の調剤履歴を自動で取り込むことができ、取り込んだ調剤履歴がお薬手帳の形式で表示されます。

Pep Up お薬手帳 連携までのイメージ

調剤薬局は、処方したお薬の情報を調剤レセプトとして健康保険組合に送付します。JMDCでは、ご契約いただいている健康保険組合から受領した調剤レセプトをデータベース化し、このデータベース内の各個人の調剤履歴データを自動で定期的に『Pep Up お薬手帳』に連携します。この仕組みによって、患者様が自ら入力をすることなく、すべての調剤薬局におけるお薬の調剤履歴を『Pep Up お薬手帳』に表示させることができます。

■利用開始手順

●ご利用可能な方

Pep Upをご契約いただいている健康保険組合の加入者様

●ご利用方法

1. スマートフォンのアプリストアより『Pep Up』アプリをインストール

2. ご自身のID、パスワードを用いてログイン

3. 「マイデータ」タブの「お薬手帳」をタップ

Pep Upの初回登録には所属する健康保険組合からお送りする本人確認コードが必要となります。コードがお手元にない場合には所属する健康保険組合の担当者様にお問い合わせください。

【Pep Upについて】

株式会社JMDCが提供する健康年齢を維持・改善するためのヘルスケアプラットフォームです。スマートフォンやパソコンから過去の健康診断結果、医療費通知、ウェアラブル端末から取得したバイタルデータなどを一元管理できるほか、健康にまつわるさまざまな情報にアクセスでき、日々の健康管理に役立てることができます。

URL: https://static.pepup.life/products/pepup/

【株式会社JMDCについて】

医療ビッグデータ業界のパイオニアとして2002年に設立され、「データとICTの力で持続可能なヘルスケアシステムを実現する」をミッションとしています。5億4,000万件以上のレセプトデータと2,600万件以上の健診データ(2020年3月時点)の分析に基づく保険者向け保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などのサービスを展開しています。また、健康度を示す指標(健康年齢)や健康増進を目的としたPHRサービス(Pep Up)などのデータを活用したプロダクト開発も進めております。

URL: https://www.jmdc.co.jp/