抗菌性創傷被覆材の世界市場規模は2026年までに43億ドル、年率5.2%で成長

抗菌創傷被覆材市場は、手術創傷や糖尿病性足潰瘍などの創傷が増加していることに加え、高品質な医療サービスへの需要が高まっていることから、拡大しています。傷の治療に伴う経済的負担の増加に伴い、人々は健康維持を支援する製品を選択し、医療サービスへの投資を増やしています。抗菌性の創傷被覆材は、病原菌やその他の感染症から創傷を保護するために使用されます。病原菌やその他の感染症は創傷を悪化させるため、皮膚・軟部組織感染症(SSTI)などの感染した創傷の治療にかかる費用負担が大きくなり、放置すると生命を脅かす状態になることがあります。そのため、抗菌ドレッシングは、創傷ケアにおける皮膚・軟部組織感染症に重要な役割を果たします。抗菌性創傷被覆材の世界市場は、2020-2026年の予測期間中、約5.2%のCAGRで健全な成長が見込まれています。

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY30042

医療業界では、創傷ケアは重要な役割を担っており、無視することはできない。侵襲的または低侵襲的な外科手術中に生じた小さな切り傷や切開には、適切な処置と傷の治癒のためにドレッシングが必要です。傷の解剖学的部位や傷の性質に応じて、さまざまな種類の創傷被覆材が市場に出回っている。初期の創傷被覆材は、従来のガーゼ被覆材から進化したものです。新しい革新的な抗菌性の創傷被覆材は、絶え間ない技術革新と進歩によって市場で発展しています。

慢性的な創傷は、特に治りにくい潰瘍の有病率が高い先進国では、医療部門に大きな負担をかけている。この潰瘍は、治療のためにかなりの経済的ストレスを伴い、その結果、足の切断につながります。COVID-19の突発的な発生により、病院や診療所などの医療インフラでは、選択的および非緊急的な創傷治療が延期され、日常的な検査にも影響が出ています。さらに、サプライチェーンの混乱や各国の創傷診療所の閉鎖など、市場全体に影響を与えています。しかし、市場関係者は、革新的で信頼性の高い抗菌性創傷被覆材を提供するために、創傷被覆材の技術的進歩を導入するための研究開発に注力しています。さらに、特にCOVID-19期間中の在宅医療への移行や、テレパスプログラムの出現などが市場を牽引しています。

抗菌性創傷被覆材の世界市場のセグメント概要

抗菌性創傷被覆材の市場は、タイプ、適応症、エンドユーザーに分けられます。これらの抗菌創傷被覆材市場のセグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

タイプ別の展望(ヨウ素系創傷被覆材、銀系創傷被覆材、その他

適応症別の見通し(糖尿病性足潰瘍、褥瘡、外科的創傷、その他

エンドユーザー別(病院、診療所、外来手術センター、その他

キープレイヤーの洞察

スミス・アンド・ネフュー社、3M社、メンリッケ・ヘルスケア社、コンバテック社、オルガノジェネシス社、アースレックス社、メドトロニック社、B.ブラウン・メルスンゲン社、ポール・ハートマン社などが、抗菌性創傷被覆材の世界市場の調査対象となっています。
レポートを購入する前に、お気軽にご質問ください。@ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY30042
レポートオーシャンについて

私たちは、業界で最も優れた市場調査レポートを提供しています。レポートオーシャンは、今日の競争環境で市場シェアを高めるトップラインとボトムラインの目標を達成するために、お客様に高品質のレポートを提供することを信じています。Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、および業界のための「ワンストップソリューション」です。