神経疾患の増加が脳インプラント市場を活性化、2025年までに年率9.1%で61.8億ドルに達する見込み

脳インプラント市場は、神経疾患の増加と、脳関連疾患の早期発見・治療を目的としたMRIの安全性に対応した脳インプラントなどの高度な技術の導入により、大幅な成長が見込まれています。人間の神経疾患の急増に伴い、多くの医療機関では、自治体の医療施設への関心が高まっています。これらの医療機関では、脳の損傷部分の治療に役立つ脳インプラントを選択しており、通常、患者の健康に悪影響を及ぼす可能性のある脳機能を改善するために使用されます。また、世界各地の地方自治体では、神経疾患の治療に力を入れている臨床試験や病院施設に対して、一連の資金援助を行っています。

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY42535

また、これらのインプラントを用いて動物の脳活動を研究する臨床試験も数多く行われています。人間の場合は、コンピュータチップに接続して脳波などの解析を行うこともある。また、臨床的なうつ病やパーキンソン病を対象とした臨床試験では、脳の働きを促進し、患者の心をリラックスさせることで、大きな発展を遂げています。また、人々の間で感染症が蔓延していますが、最近行われている脳インプラントに関する臨床試験では、改良と実用化が進められており、迅速な対策、分析、神経疾患の治療などの臨床的実現性が大幅に向上しています。このような進歩を受けて、世界の脳インプラント市場は、2020年から2025年までの予測期間中、約9.1%のCAGRで健全な成長を遂げると予測されています。

さらに、研究活動の活発化は、技術的なブレークスルーをもたらし、脳内インプラント市場に有利な成長をもたらすと考えられます。これらは主に、メモリーチップと自己充電式インプラントで構成されています。例えば、アンデルセン研究所では、運動の目標位置を解釈するための知的信号を、頭頂後皮質(PPC)で研究しています。大脳皮質で得られた信号は、デバイスの管理に利用される。このような技術開発と並行して、科学者たちはコンピュータチップを使って人間の脳を発見し、さまざまな状況下での脳活動を解釈しました。このことは、脳インプラント市場の技術開発に有効であることを証明しています。さらに、術後の健康状態の管理が容易になり、効果が永続的に向上するなど、これらのデバイスの将来的な利点により、世界中で脳インプラントの需要が高まっています。

COVID-19の流行を受けて、米国、ロシア、フランス、ブラジルでは、この感染症に関連した生命を脅かす異常な脳疾患の有病率が上昇しています。これにより、脳インプラント市場のメーカーは、すでにストレスの溜まっている医療施設において、より良い支援が不可欠であることから、疾患を減らすことに取り組んでいます。また、50代後半の方は、インフルエンザの稀な合併症である急性壊死性脳炎に罹患するリスクが高く、脳機能に深刻な影響を及ぼす可能性があることが確認されています。そのため、脳インプラント技術は、治療効果を高めるための重要な要素となっており、予測期間中の市場全体の成長を促進しています。

世界の脳インプラント市場のセグメント概要

脳インプラント市場は、製品とアプリケーションに分けられます。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査します。

製品別展望(脳深部刺激装置、脊髄刺激装置、迷走神経刺激装置

アプリケーション別展望(慢性疼痛、てんかん、パーキンソン病、うつ病、本態性振戦、アルツハイマー病、その他

キープレイヤーの紹介

ボストン・サイエンティフィック社、アボット・ラボラトリーズ社、メドトロニック社、ネブロ社、ニューロペース社、シナプス・バイオメディカル社、アレバ・ニューロセラピューティクス社、コクレア社、テルモ社、エドワーズ・ライフサイエンス社などが、臨床微生物学の世界市場の調査対象となっています。

レポートを購入する前に、気軽に質問してください。@ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY42535