JA全農は、11月21日~24日にシンガポールで開催中の卓球大会「T2ダイヤモンドシンガポール大会」に協賛し、大会会場への日本産米の「おむすび」や「いなり寿司」の提供のほか、現地の飲食店と連携した国産農畜産物キャンペーン2019を実施しています。(11月30日まで)

  この大会は、ワールドツアーランキング上位のトップ選手16名のみが参加するハイレベルな大会です。オリンピック出場のために必要なポイントがより多く獲得でき、中国をはじめとした世界のトップ選手が参加するので高い注目を集めています。

 全農は、大会会場の選手ラウンジや関係者・VIPラウンジに、日本産米の「おむすび」や「いなり寿司」を提供して、本大会を「ニッポンの食」でサポートしています。

 また、本会グループ会社の全農インターナショナルアジア株式会社が中心となり、11月15日~30日の間、シンガポールで飲食店舗を展開する「牛角」や「哲平食堂」と連携し、「ジャパンフードキャンペーン2019」を開催しています。

11月20日に開催された「T2ダイヤモンドシンガポール大会」のメディアカンファレンスで同社の高須博幸代表取締役社長が登壇し、今大会へのサポート内容や「ジャパンフードキャンペーン2019」について説明しました。

 このたび開催している国産農畜産物キャンペーンは以下のとおりです。

●牛角“ジャパンフェアー”

シンガポール内9店舗で日本産米・野菜・果物・牛肉を使用したメニューを提供します。

CHIJMES店、UE SQUARE店、NOVENA SQUARE店、KINEX店、THE STAR VISTA店、THE CENTREPOINT店、MARINA SQUARE店、CITY SQUARE MALL店、WATERWAY POINT店

●哲平食堂“おにぎりフェアー”

お米「SAKURA RICE」を使用したおむすびを系列レストラン4店舗※で大会出場する選手へ提供するおむすびを数量限定で提供します。

※Millenia Walk店、ION店、Takashimaya店、Asia Square outret店

「牛角」

シンガポールで焼肉チェーン9店舗を展開し、全農が取り扱う和牛やお米「SAKURA RICE」も使用していただいています。

「哲平食堂」

シンガポールで丼などの和食を提供する飲食店6店舗を展開し、今大会の会場ビュッフェに同社のおむすびを提供します。

 なお、JA全農広報・調査部が運営する公式ツイッター「全農広報部スポーツ応援」では、卓球日本代表の試合の様子などを随時発信しています。 https://twitter.com/zennoh_sports