浜松市が民間専門人材を活用したプロジェクトマネージャーを委嘱

12月2日、副業・兼業の民間専門人材を対象に公募した5つの分野のプロジェクトマネージャーを委嘱しました。
少子高齢化・人口減少社会の進展、多様化・複雑化する市民ニーズ、AIやIoTといったテクノロジーの進化などに、迅速かつ的確に対応していくため、これまでの行政の考え方に捉われない柔軟な発想や斬新なアイディア、幅広い人的ネットワーク等を有する民間の専門人材のスキルが必要となります。

このため、次の5つの分野において、副業・兼業の民間専門人材によるプロジェクトマネージャーを設置することとし、8月下旬から全国公募を行い選考を進めてきました。

約1カ月間の募集期間において、北海道から九州まで全国各地から634名の方にご応募いただき、その中から次の5名を選定しました。来年3月末までの4カ月間で、各プロジェクトに係る調査研究や施策の提案、専門的な助言などの活動を行います。
 

  • 都市ブランド戦略マネージャー 谷口 法之 氏
  • AI・RPA等先進技術導入推進プロジェクトチームマネージャー 川口 弘行 氏
  • スマート農業推進プロジェクトデザイナー 福田 浩一 氏
  • 農業労働力確保プロジェクトデザイナー 阿波 善之 氏
  • 内なる財源を発掘し、民間の資金を活用する新たな事業プランナー  石澤 志津 氏